MENU

ペニスの細胞を増大させる5つの成分

成長ホルモンと男性ホルモン

 

ペニスの増大には血流増大とともに、ペニスの細胞を増大させる必要があります。
ペニスの細胞を増大させるにはアルギニン、トリプトファンやオルニチンなどのアミノ酸も一緒に摂取することが大切です。
これらのアミノ酸はそれぞれどんな働きをするのでしょうか。

 

ペニスの細胞を増大させるのに必要なことはズバリ
成長ホルモンと男性ホルモンの分泌を盛んにする
ことです。

 

これらのホルモンの分泌量が一番多い年代は20代です。
そこから年齢とともに減少するので、特に30代以降の方がペニス増大をするにはこれらのホルモンの分泌を増やすのがとっても重要になります。

 

「アスリート御用達のアルギニン」
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。
成長ホルモンが増えると細胞が増大し、筋肉を増やすことから、アスリート向けのサプリメントに必ずと言って良いほど使われている成分です。
頭痛や胃痛など痛みを伴う副作用はありませんが、過剰摂取をするとニキビが増えることがたまにあるそうです。

 

「ホルモン分泌のベースを整えるにはトリプトファン」
トリプトファンは、ホルモンの分泌しやすい環境を作る働きをします。
トリプトファンはセロトニンを分泌することにより、精神をリラックスさせ、ホルモンバランスを整えます。
その高い効果からうつ病の薬にも使用されています。
また気分を落ち着かせるので、安眠を誘うという効果もあります。

 

成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が1日のうちで最も多い時間帯は熟睡している時です。
つまり質の良い睡眠を長く取れれば自然にホルモンの分泌が増えるということです。

 

夜寝る前にトリプトファンを摂取すると効率よくホルモンを増やすことができます。

 

「最後のダメ押しはオルニチン」
オルニチンはアルギニンやトリプトファン同様、天然由来の成分ですが、残念ながら、私達が摂る普段の食事からは十分な量を摂取することができません。
サプリメントからの摂取が一番効率がいいです。
オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進するのと同時に、高いデトックス効果も持つので、細胞の働きが活性化する作用があります。

 

ペニス増大には様々な角度からのアプローチが必要になってきます。
サプリメントを選ぶ際には、これらのアミノ酸が使われていることを確認すると良いと思います。